投稿規程・著作権規定


投稿規程

著作権規定




『日本秦漢史研究』投稿規程


  1. (応募資格)
    日本秦漢史学会会員、ならびに編集委員会で適当と認められた方を対象とします。

  2. (テーマ)
    先秦から魏晋までを対象とする未発表の研究。

  3. (原稿文字数の上限)
    論文 二〇〇〇〇字程度
    研究ノート 一二〇〇〇字程度
    史料紹介 一二〇〇〇字程度
    研究動向 一二〇〇〇字程度

  4. (使用言語)
    原則として日本語。

  5. (執筆要領)
    1. 原稿は、原則としてワープロで作成し、プリントアウトした原稿とデータの両方を提出して下さい。
    2. 文章は、固有名詞や引用文等やむをえない場合を除き、常用漢字体、現代仮名遣いを原則とします。
    3. 図版・表などは、そのまま版下として使用できる鮮明なものを添えて下さい。図版・表・特殊文字などを必要とする場合、執筆者に経費の一部を負担していただくことがあります。
    4. 注は、本文の末尾に一括して下さい。
    5. 執筆者紹介のための所属等を書き添えて下さい。
    6. 投稿原稿の本文中に、古典を引用する場合は、原則として以下の基準に基づくようにして下さい。
      1. 中国古典籍から引用する場合は、次のいずれかとして下さい。
        1. 書き下し文で表現する。必要な場合は、句読点を付した原漢文を本文に併記するか、注記する。
        2. 現代語訳文(直訳)で表記し、さらに句読点を付した原漢文を併記するか、注記する。
      2. 簡牘文、帛書文、金文等の出土文字資料を引用する場合は、次のいずれかにして下さい。
        1. 書き下し文と釈文を併記する。
        2. 現代語訳文(直訳)と釈文を併記する。
        なお、注において中国古典文を引用する場合も基本的にはこれに準ずるようにして下さい。

  6. (英文タイトル)
    英文目次用に英文タイトルも書き添えて下さい。

  7. (原稿料)
    原稿料は、支払われません。

  8. (原稿の締切・送付先)
    原稿の締め切りは、発行年の三月末日です。郵送の場合は、三月末日消印有効とします。ただし編集委員会の判断によって原稿の締め切りを変更することがあります。編集委員会が原稿締め切りを変更する場合は、大会に報告します。原稿は、弊会ホームページの「お問い合わせ」所載の事務局連絡先宛にお送り下さい。

  9. (原稿の採否)
    原稿の採否は、編集委員会にご一任下さい。投稿いただいた原稿で、不採用の場合は原稿をお返しします。

付則
本規定は、二〇〇一年十一月十日より施行する。
二〇〇二年十月十二日改正。
二〇一九年十一月十六日改正。

(詳細については、編集委員会または学会事務局にお問い合わせ下さい)



日本秦漢史学会著作権規定


第1条(対象)
本規定は、本学会の刊行物に投稿されるすべての著作物(以下「本著作物」という)に関する著作権の取り扱いに関する基本事項を定める。

第2条(帰属)
  1. 本著作物のすべての著作財産権(著作権法第27条及び第28条が定める権利を含む)は、本著作物が本学会に投稿された時をもって本学会に帰属する。
  2. 投稿された本著作物が次の各号の一に該当する場合、当該本著作物につき前項を適用しない。
    1. 本著作物が本学会の出版物に掲載されなかった場合又は掲載されないことを本学会が決定した場合。
    2. 前項の適用をしないことを本学会が決定した場合。

第3条(著作者人格権の不行使)
本著作物の著作者(以下「本著作者」という)は、本著作物の著作者人格権を行使しない。

第4条(著作者による著作物の使用)
  1. 本著作者が著作物を利用する場合(第三者に利用を許諾する場合を含む)、その利用日的、利用形態その他本学会が定める事項を記載した書面等により本学会に申請し、その許諾を得るものとする。
  2. 本学会は、本著作物の利用が、学会の目的又は活動の趣旨に反しない限り、前項に定める本著作者からの申請を許諾する。
  3. 第1項の規定にかかわらず、本著作者は、次の各号に定める場合には、本学会の許諾を得ることなく本著作物を利用できるものとする。
    1. 本著作者個人又は本著作者が所属する法人若しくは団体のウェブサイトにおいて、自ら創作した本著作物を掲載する場合(機関リポジトリへの保存及び公開を含む)。但し、当該本著作物が掲載された本学会の刊行物の刊行後三年を経過していることを条件とする。
    2. 本著作者自身が、本著作物を学術的かつ営利を目的としない出版物において利用する場合(当該論文を外国語に翻訳し論文集等に掲載する場合も含む)。

第5条(保証)
  1. 本著作者は、本著作物が合法的であり、第三者の権利を侵害していないことを保証する。
  2. 本著作物に関し第三者と本学会との間で紛争が発生した場合又は発生するおそれがある場合、本著作者は本学会に協力する。

第6条(協議)
本規定に定めなき事項及び本規定の各条項の解釈に疑義が生じた場合、本著作者及び本学会は、信義誠実の原則に従って協議し、これを解決するものとする。

第7条(改定)
本規定の改定は、本学会総会の議を経て行うものとする。


附則
本規定は、二〇一二年九月十五日より施行する。
二〇二〇年十一月二十一日一部改正。


このページトップへ戻る

「Googleアナリティクス」の利用について
このサイトの内容の無断転載を禁じます。
日本秦漢史学会
The Japan Association for Qin-Han Historical Studies