MENU

ニュース

『日本秦漢史学会ニュース』ほか、本学会からのお知らせを掲載しています。

 

 

日中国交正常化50周年記念「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」展のご案内

  本会元会長・鶴間和幸学習院大学名誉教授の監修により、日中国交正常化50周年記念「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」展が開催されるとのご案内をいただきましたので、本会会員の皆さまにも告知申し上げます。詳細は下記をご参照ください。

 

 

日中国交正常化50周年記念「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」

 

2022/03/14    お知らせ    事務局   |    タグ:展覧会

アンケート協力依頼のお知らせ

  共同研究グループHiF(Harassment in Fieldwork)より、下記のようにアンケート調査に関する依頼がありましたのでお知らせいたします。ご関心のある会員の皆さまは、下記案内文およびリンク先の説明をご参照ください。
(なお、実施元より送られてきた下記案内文では期限が「2021年2月15日」となっていますが、これはリンク先の記述によれば2022年です。)
* 回答締切が2/28まで延長されています。

 

 

「フィールドワークにおける性暴力・セクシュアルハラスメントに関する
実態調査アンケート」回答ご協力のお願い

 

  皆様
  共同研究グループ「フィールドワークとハラスメント(HiF)」では、フィールドワークという研究手法を採る学生や研究者がフィールドで直面する性被害とその対策に関する実態把握のために、表題のアンケート調査を行います。性被害に関する情報収集を通して、フィールドで起こる性暴力、セクシュアルハラスメントについての対策と啓発をより充実させていくことを目的としています。
  なお、本アンケートは、学問分野ごとのフィールドワーク実施状況の調査、および被害防止のための事前学習の有無に関する調査を兼ねております。性被害経験のない方も、ぜひ回答にご協力ください。(被害経験のある方の回答所要時間はおよそ10~30分程度、ない方の所要時間は3~5分程度です)。回答期限は2021年2月15日です。

 

  アンケートはこちら: https://safefieldwork.live-on.net/survey/purposes-of-this-survey/
(アンケート趣旨ページに飛びます。趣旨ページ末尾に回答用URLがあります)
 

2022/01/19    お知らせ    事務局   |    タグ:そのほかお知らせ

講演会のご案内(本会会員より)

  会員のかたより、下記のとおり講演会開催のお知らせをいただきました。
  ご依頼がありましたので、本会会員の皆さまにも告知申し上げます。詳細は下記の案内をご参照ください。

 

 

愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター第30回アジア歴史講演会
「馬を飼う  ――中国古代王権の実像――」

 

 

※ ZOOM接続先など詳しいことは、愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター公式サイトに掲載のチラシをご参照ください。
 

2022/01/07    お知らせ    事務局   |    タグ:シンポジウム・ワークショップ・講演会

『日本秦漢史研究』第22号刊行のお知らせ

 2021年12月上旬に『日本秦漢史研究』第22号を会員宛に発送いたしました。お手元に届いていない場合は、宛先不明返送の可能性もありますので、学会事務局までお知らせください。
 

2021/12/15    お知らせ    事務局   |    タグ:本会会誌

日本秦漢史学会2022年度(第34回)大会・総会の予定について

  2021年度大会・総会は11月27日(土)にオンラインにて開催され、無事終了いたしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。
 

  次回2022年度(第34回)大会は、2022年11月中の土曜日の開催で調整中です。

  会場は岡山大学(岡山県岡山市)を予定しています。

  対面開催の場合もweb中継併用を予定していますが、COVID-19の状況によっては対面開催を中止し、オンラインのみで開催の可能性があります。
 

2021/11/27    お知らせ    事務局   |    タグ:本会大会・総会

日本秦漢史学会2021年度(第33回)大会開催のお知らせ ニュースNo.30

謹啓  コロナ禍が継続するなか、会員の皆様には昨年より続く何かと不自由な生活をお過ごしのことと拝察し、まずはお見舞い申し上げます。

  すでに学会ウェブサイトでご案内のとおり、新型コロナの流行が止まない現状に鑑み、今年度の大会も、オンラインで開催することにいたしました。大会におきましては2名の報告者からの研究報告とあわせて、記念講演を行います。大会終了後には総会を行います。昨年来、研究活動にもさまざまな制約が加えられる状況ですが、ともかく可能なかたちで研究発表の場を確保し、学会としての活動を継続してゆきたく考えております。

  会員の皆様には、事前登録その他でお手数をおかけいたします。オンライン形式の学会や研究会にも慣れて来られた方も多いかとは存じますが、今回の大会開催を担当する東の理事のメンバーにとりましてはなにぶん初めての試みとなりますので、準備する側の手落ちも多々あろうかと存じます。またネット環境によっては、発言者の声が途切れるなど、不測の事態も考えられます。諸事情ご賢察のうえ、奮ってご参会いただければ幸いです。

 

 

【  日  時  】
2021年11月27日(土)  13時~17時10分
* 12時30分よりミーティングルームにはご入室いただけます。

【  会  場  】
オンライン(ZOOMミーティング使用)
 
【大会プログラム】
13時~  13時05分
開会挨拶
13時05分~  14時05分
研究報告(1)
酒井駿多氏(上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程)
「漢六朝期の巴蜀における異民族の境界認識について」
14時15分~  15時15分
研究報告(2)
小林文治氏(早稲田大学長江流域文化研究所招聘研究員)
「出土文字資料に見える「発徴」について  ―睡虎地秦簡「秦律十八種」第115簡の配列問題を兼ねて―」
15時30分~  16時30分
記念講演
鶴間和幸氏(学習院大学名誉教授)
「始皇帝の時代の名もなき人々」
16時40分~  17時05分
総会
17時05分~  17時10分
閉会挨拶

 

  • 研究報告・記念講演レジュメ、および総会資料につきましては、予め下記【資料ダウンロード】よりダウンロードをお願いいたします。

 

【事前登録の方法】

  1. 本大会・総会への参加には事前登録が必要です。
  2. 参加を希望される方は、まず下記のZOOMの事前登録のページにお進み下さい。
  3. 事前登録のページで、お名前やメイルアドレスをご入力のうえ、「登録」をクリックしてください。
    • ZOOMのお名前の登録は名―姓の順になっています。入力の際はご注意ください。
    • お名前につきましては、ニックネーム等のご使用はお控え下さい。
    • ZOOMを始めて使用される方は、ZOOMアプリのダウンロードも同時に必要になります。
    • ご記入いただきましたメイルアドレスは、大会の諸連絡以外には利用いたしません。
    • 事前登録の方法にご不明の点があれば、こちらなどをご参照ください。
  4. 登録していただいたメイルアドレスに招待状が届きます。招待状には、ミーティングIDやパスワードが記載されています。また、学会ホームページからレジュメをダウンロードする際に必要なユーザーIDとパスワードも、この招待状にてご連絡いたします。
  • 2021年度(第33回)大会・総会ZOOM事前登録ページは こちら(公開終了)

 

【資料ダウンロード】

  • 研究報告・記念講演レジュメ(公開終了)
  • 総会資料(公開終了)
  1. 研究報告レジュメ2件を公開いたしました(11月21日)。レジュメダウンロードページに入るために必要なユーザー名・パスワードについては、上記【事前登録の方法】欄をご参照ください。
  2. 会員の方は上記「総会資料」のページから各自ダウンロードされたうえで、総会にご参会下さい。資料は11月20日頃までに公開の予定です。「総会資料」のページに入る際に必要なユーザー名・パスワードは会員宛て配信・郵送のニュース30号をご確認ください。

 

【『日本秦漢史研究』第22号について】

 

 例年は、会誌『日本秦漢史研究』を大会の会場にて配布しておりましたが、今年度はすべて郵送にてお届けすることになります。会費は、会誌に同封された振込用紙にてお支払い下さい。12月頃の発送を予定しております。

 

2021/10/21    『日本秦漢史学会ニュース』    事務局   |    タグ:本会大会・総会